会員登録でお得な情報♪

【るみさん考案】味付けはヤマキにお任せ!ご飯がすすむ肉料理!

【るみさん考案】味付けはヤマキにお任せ!ご飯がすすむ肉料理!
【るみさん考案】味付けはヤマキにお任せ!ご飯がすすむ肉料理!
2021.09.17

簡単&時短でできる家庭料理やアレンジレシピが得意な料理家・るみさん考案レシピをご紹介!

ご飯がすすむ!牛肉とれんこんのおかかしぐれ煮

シンプルにめんつゆで作るしぐれ煮★
れんこんのシャキシャキ食感が楽しく、甘辛い味付けの牛肉でご飯が進む、簡単おかずレシピです!
おいしく仕上げる秘訣は、最後に加えるかつお節!
かつおだしがベースのめんつゆとかつお節の相性は抜群で、かつお節をたっぷり加えることでうま味と風味がアップします♪
お好みで、みりんをちょっと足すと甘めに仕上がりますよ(*^^*)
ご飯によく合うので、多めに作ってお弁当のおかずにしたり、常備菜として作り置きするのもおすすめです!

ご飯がすすむ!牛肉とれんこんのおかかしぐれ煮
所要時間10

材料(4人分)

  • 牛薄切り肉
    200g
  • れんこん
    100g
  • しょうが
    20g
  • ごま油
    小さじ2
  • 【A】めんつゆ
    大さじ2
  • 【A】水
    大さじ2
  • かつお節
    5g

手順

  • 1

    牛肉は2~3cm幅に切る。れんこんは皮をむいて薄いいちょう切りにし、水に1~2分さらしたあと、水気をペーパータオルでしっかり拭いておく。しょうがはせん切りにする。

    牛肉は2~3cm幅に切る。れんこんは皮をむいて薄いいちょう切りにし、水に1~2分さらしたあと、水気をペーパータオルでしっかり拭いておく。しょうがはせん切りにする。
  • 2

    フライパンにごま油を中火で熱し、牛肉を入れて炒める。

    フライパンにごま油を中火で熱し、牛肉を入れて炒める。
  • 3

    牛肉の色が変わってきたら、れんこん、しょうがを加えて炒め合わせる。

    牛肉の色が変わってきたら、れんこん、しょうがを加えて炒め合わせる。
  • 4

    牛肉に火が通ったら【A】を加え煮詰める。汁気がなくなってきたら、かつお節を加えて全体をさっくり混ぜ合わせ、火を止める。

    牛肉に火が通ったら【A】を加え煮詰める。汁気がなくなってきたら、かつお節を加えて全体をさっくり混ぜ合わせ、火を止める。
  • 5

    器に盛り、お好みでフリルレタス、紫玉ねぎ、ミニトマト(すべて分量外)などを添える。

    器に盛り、お好みでフリルレタス、紫玉ねぎ、ミニトマト(すべて分量外)などを添える。

ヤマキ社員のおすすめポイント

かつお節を仕上げに混ぜると、風味とうま味が段違いにアップします。ご飯に合うのは勿論ですが、お酒のお供にもオススメです!

使用している商品

便利な花かつお30g

便利な花かつお30g

花かつおとかつおパックの中間サイズに削った使い勝手の良いかつお節です。

漬け込むだけでジューシーやわらか!豚肉のローズマリー焼き

ブロック肉を漬け込んで、焼くだけでOK!ボリューム満点のお肉レシピです♪
お肉をおいしく調理するポイントは、オリーブオイルでマリネすること!驚くほど柔らかくジューシーに仕上がります♪
「割烹白だし」のうま味と、にんにくとハーブの豊かな香りが食欲をそそります!とんかつやステーキ用の厚切り肉を使えば、漬け込みや焼く時間を短縮できるのでより手軽に作れますよ☆
塊のお肉を焼くのは見た目にも派手なので、前の日に漬け込んでおいてパーティーやバーベキューのごちそうメニューとしても活躍できるレシピです!

漬け込むだけでジューシーやわらか!豚肉のローズマリー焼き
所要時間45

材料(2人分)

  • 豚肩ロース肉(ブロック)
    300g
  • ローズマリー
    1枝
  • にんにく
    1片
  • 【A】割烹白だし
    大さじ1
  • 【A】オリーブオイル
    大さじ1
  • 【A】粗びき黒こしょう
    適量
  • オリーブオイル
    大さじ1
  • じゃがいも
    1個
  • ミニトマト
    4個
  • ブロッコリー
    60g
  • 適量
  • こしょう
    適量

手順

  • 1

    じゃがいもは皮付きのまま8等分に切る。ミニトマトはヘタを取る。ブロッコリーは小房に分ける。にんにくは薄切りにする。

    じゃがいもは皮付きのまま8等分に切る。ミニトマトはヘタを取る。ブロッコリーは小房に分ける。にんにくは薄切りにする。
  • 2

    豚肉にフォークで数か所穴を開け、ジッパー付き保存袋に【A】、手で適当な長さにちぎったローズマリー、にんにく、豚肉を入れて全体を揉み込み、空気を抜いて袋を閉じる。半日~1日冷蔵庫に入れマリネする。

    豚肉にフォークで数か所穴を開け、ジッパー付き保存袋に【A】、手で適当な長さにちぎったローズマリー、にんにく、豚肉を入れて全体を揉み込み、空気を抜いて袋を閉じる。半日~1日冷蔵庫に入れマリネする。
  • 3

    焼く30分前に2を冷蔵庫から出して常温に戻し、にんにくの薄切り3枚を別容器に取り出しておく。フライパンにオリーブオイルの半量を入れて中火で熱し、豚肉をマリネ液ごと入れる。全体にしっかり焼き目がつくように8~10分焼く。にんにくが焦げそうであれば、途中で取り出しておく。

    焼く30分前に2を冷蔵庫から出して常温に戻し、にんにくの薄切り3枚を別容器に取り出しておく。フライパンにオリーブオイルの半量を入れて中火で熱し、豚肉をマリネ液ごと入れる。全体にしっかり焼き目がつくように8~10分焼く。にんにくが焦げそうであれば、途中で取り出しておく。
  • 4

    豚肉を取り出し、アルミホイルで包む。フライパンの汚れはきれいに拭き取っておく。

    豚肉を取り出し、アルミホイルで包む。フライパンの汚れはきれいに拭き取っておく。
  • 5

    フライパンにアルミホイルで包んだ豚肉を戻し、蓋をして時々焼く面を変えながら弱火で20分ほど焼く。この間に、火が通りにくい野菜を電子レンジで加熱する。じゃがいもは耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジ(600W)で3分加熱する。ブロッコリーも同様にして1分加熱する。(竹串がすっと通ればOKです。)

    フライパンにアルミホイルで包んだ豚肉を戻し、蓋をして時々焼く面を変えながら弱火で20分ほど焼く。この間に、火が通りにくい野菜を電子レンジで加熱する。じゃがいもは耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジ(600W)で3分加熱する。ブロッコリーも同様にして1分加熱する。(竹串がすっと通ればOKです。)
  • 6

    5の豚肉をフライパンから取り出し、アルミホイルで包んだまま10分ほど置く。フライパンに残りのオリーブオイルを入れて中火で加熱する。3で取り出しておいたにんにく3枚を入れて香り付けをしたら、にんにくを取り出す。じゃがいもを加え、5割程度焼きつけてから、ブロッコリー、ミニトマトも加えて軽く焼きつける。塩、こしょうで味を調える。(野菜は電子レンジ加熱をしたため、中まで火が通っています。お好みの焼き加減に調節してください。)

    5の豚肉をフライパンから取り出し、アルミホイルで包んだまま10分ほど置く。フライパンに残りのオリーブオイルを入れて中火で加熱する。3で取り出しておいたにんにく3枚を入れて香り付けをしたら、にんにくを取り出す。じゃがいもを加え、5割程度焼きつけてから、ブロッコリー、ミニトマトも加えて軽く焼きつける。塩、こしょうで味を調える。(野菜は電子レンジ加熱をしたため、中まで火が通っています。お好みの焼き加減に調節してください。)
  • 7

    豚肉のアルミホイルをはがし、食べやすい大きさに切る。焼いた野菜、にんにくと一緒に器に盛りつける。

    豚肉のアルミホイルをはがし、食べやすい大きさに切る。焼いた野菜、にんにくと一緒に器に盛りつける。

ヤマキ社員のおすすめポイント

漬け込んだマリネ液でじゃがいもやブロッコリーなどの野菜を一緒に焼けば、白だしのうま味が絡んでおいしく、見た目も華やかな一品になりますよ。ローズマリーは乾燥タイプのものを使ったり、別のハーブ類を使ってもおいしく作れます。

使用している商品

割烹白だし

割烹白だし

鰹一番だしの上品な香りとうま味をきかせた、うす色仕立ての和風液体調味料です。薄めてお料理に使うだけで、食材の持ち味と色を引き立てて、本格割烹の味わいを簡単・手軽に味わえます。

2つのレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか?
おうちでも作りやすいレシピなので、ぜひ皆さんも献立の参考にしてみてくださいね(*^^*)
来月も、るみさんならではの日々のごはん作りに役立つ時短・簡単レシピをご紹介していきますので、お楽しみに!

料理家さん情報

るみ
るみ
2児の母。フルタイムで働いているため、できるだけ簡単に時短でできるお料理、そして身近なものでできるあたたかい家庭料理やアレンジレシピが得意です。
家族が愛する名古屋のお味も皆さまにもお届けできたら嬉しいです。

関連リンク
http://www.instagram.com/ru.ru_rumi

シェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE