会員登録でお得な情報♪

【高橋善郎さん考案】ボリューム満点・ごちそう気分レシピをご紹介♪

【高橋善郎さん考案】ボリューム満点・ごちそう気分レシピをご紹介♪
【高橋善郎さん考案】ボリューム満点・ごちそう気分レシピをご紹介♪
2021.05.14

時短・ごちそう・和食…幅広いレシピが得意な料理家・高橋喜朗さん考案レシピをご紹介!

えびとじゃがいものガリバタソテー

冷めてもおいしく、作り置きにもおすすめなガリバタソテー★
バター、にんにく、パセリの香りが食欲をそそります♪
鰹一番だしの濃厚なうま味と香りの「割烹白だし」を使えば味付けは簡単!
ショートパスタと一緒に炒めたり、パンの上にのせて食べたりと食べ方もいろいろ♪
バターの代わりにオリーブオイルやごま油を使ったり、
お酒の代わりに白ワインやビールを使ってアレンジするのもOK。
お好みで粒マスタードをつけるのもオススメです!
ご飯のお供はもちろん、おうち飲みのおつまみにもぴったりです!

えびとじゃがいものガリバタソテー
所要時間20

材料(2人分)

  • 割烹白だし
    大さじ2
  • むきえび(背わたを処理済みのもの)
    150g
  • じゃがいも
    中2個
  • マッシュルーム
    6個
  • 玉ねぎ
    1/2個
  • バター
    30g
  • にんにく
    4片
  • パセリ
    5g
  • 【A】酒
    小さじ2
  • 【A】粗びき黒こしょう
    小さじ1
  • 【A】一味唐がらし
    少々
  • 【A】レモン汁
    少々

手順

  • 1

    えびは冷凍であれば解凍しておき、水分をペーパータオルで拭き取る。じゃがいもは土を洗い流し、芽を取り除いて8等分に切る。耐熱皿に入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で3分ほど加熱する。マッシュルームは縦半分に切る。玉ねぎは6等分のくし形切りにし、にんにく、枝から外したパセリは粗みじん切りにする。

    えびは冷凍であれば解凍しておき、水分をペーパータオルで拭き取る。じゃがいもは土を洗い流し、芽を取り除いて8等分に切る。耐熱皿に入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で3分ほど加熱する。マッシュルームは縦半分に切る。玉ねぎは6等分のくし形切りにし、にんにく、枝から外したパセリは粗みじん切りにする。
  • 2

    ボウルに「割烹白だし」、【A】を入れて混ぜ合わせる。

    ボウルに「割烹白だし」、【A】を入れて混ぜ合わせる。
  • 3

    温めたフライパンにバター、にんにく、パセリを入れ、にんにくから香りが出るまで弱火で加熱する。えび、じゃがいも、マッシュルーム、玉ねぎを加え、中火前後で3~4分炒める。

    温めたフライパンにバター、にんにく、パセリを入れ、にんにくから香りが出るまで弱火で加熱する。えび、じゃがいも、マッシュルーム、玉ねぎを加え、中火前後で3~4分炒める。
  • 4

    2を加え、同様の火加減で1~2分炒めたら器に盛り付ける。

    2を加え、同様の火加減で1~2分炒めたら器に盛り付ける。

ヤマキ社員のおすすめポイント

佐藤
コーポレート・コミュニケーション部
佐藤
黒コショウがピリッと効いたお酒にもパンにもよく合うガーリックソテーです。割烹白だしだけで簡単に味が決まり、冷めてもおいしく食べられるので作り置きにもおすすめです。

使用している商品

割烹白だし

割烹白だし

鰹一番だしの上品な香りとうま味をきかせた、うす色仕立ての和風液体調味料です。薄めてお料理に使うだけで、食材の持ち味と色を引き立てて、本格割烹の味わいを簡単・手軽に味わえます。

玉ねぎと豚バラの蒸し煮

ホットプレートを使って、シンプル食材で作るごちそう感のある簡単おかず★
実は豚肉とオレンジの相性は抜群!
「割烹白だし」を使ってだしのうま味をきかせつつ、
材料を重ねて煮ることで玉ねぎの甘みと、豚肉の旨味、
オレンジのフルーティーな甘酸っぱさが一皿に詰まってジュワッと美味しく仕上がります♪
さっぱりした味わいは暑い時期にもぴったりな一品なので是非お試しください!

玉ねぎと豚バラの蒸し煮
所要時間30

材料(4人分)

  • かつお節
    2パック
  • 割烹白だし
    大さじ3
  • 豚バラ薄切り肉
    約250g
  • 玉ねぎ
    2個
  • オレンジ
    2個
  • ローズマリー
    10g
  • 【A】水
    カップ1
  • 【A】しょうがのすりおろし
    小さじ1
  • 【A】ごま油
    小さじ1

手順

  • 1

    皮をむいたオレンジと玉ねぎは5mm幅の輪切りにする。ローズマリーは小枝にカットする。

    皮をむいたオレンジと玉ねぎは5mm幅の輪切りにする。ローズマリーは小枝にカットする。
  • 2

    ボウルに「割烹白だし」、【A】を入れて混ぜ合わせる。

    ボウルに「割烹白だし」、【A】を入れて混ぜ合わせる。
  • 3

    ホットプレートに玉ねぎ、豚肉、オレンジをバランスよく重ねて盛り付ける。隙間にローズマリーを入れ込む。

    ホットプレートに玉ねぎ、豚肉、オレンジをバランスよく重ねて盛り付ける。隙間にローズマリーを入れ込む。
  • 4

    2を全体に回し入れ、強火でひと煮立ちさせる。弱火~中火に設定し、蓋をして10分ほど加熱する(ホットプレートの機種によって加熱具合が変わるので時間は調整してください)。素材に程良く火が通ったら、かつお節を散らす。

    2を全体に回し入れ、強火でひと煮立ちさせる。弱火~中火に設定し、蓋をして10分ほど加熱する(ホットプレートの機種によって加熱具合が変わるので時間は調整してください)。素材に程良く火が通ったら、かつお節を散らす。

ヤマキ社員のおすすめポイント

井嶋
コーポレート・コミュニケーション部
井嶋
豚肉とオレンジ、という組み合わせにびっくりするかもしれませんが、蒸す事で酸味や甘みが丁度いいバランスになり、白だしが食材のうま味をまとめてくれます。果肉の色はそのままなので、見た目にも華やかでパーティメニューにもおすすめな一品です。

使用している商品

氷温熟成使い切りパック1.5g×15p

氷温熟成使い切りパック1.5g×15p

氷温熟成法とは0℃以下の鰹が凍る直前までの温度帯(氷温帯)で、鰹の鮮度を保ちながらよりおいしいかつお節に仕上げる製法です。かつお節のおいしさの目安、「イノシン酸」が当社かつお削りぶし商品の中で一番多く含まれています。

2つのレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか?
おうちでも作りやすいレシピなので、ぜひ皆さんも献立の参考にしてみてくださいね(*^^*)
旬の食材や不足しがちな栄養をうまく取り入れて、美味しく健康的な食生活を送りませんか?

料理家さん情報

高橋善郎
高橋善郎
1988年7月14日 神奈川県川崎市出身。

和食料理人の父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。
専修大学法学部卒業後、大手食品メーカー、IT会社に勤務しながら、本格的に料理の勉強を始め、調理師免許、きき酒師、ソムリエ、ジュニア野菜ソムリエなど食に関する資格を取得。
日本酒ソムリエの上位資格である、日本酒学講師においては史上最年少で合格。

シェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE