会員登録でお得な情報♪

【高橋善郎さん考案】秋の味覚”きのこ”が楽しめる旬のレシピをご紹介♪

【高橋善郎さん考案】秋の味覚”きのこ”が楽しめる旬のレシピをご紹介♪
【高橋善郎さん考案】秋の味覚”きのこ”が楽しめる旬のレシピをご紹介♪
2020.09.15

今月も、料理家・高橋善郎さん考案の最新レシピをご紹介!
時短レシピからごちそうレシピまで、和食をはじめ幅広いジャンルを得意とする高橋さんが生み出したレシピを幅広くご紹介します♪

きのこバタートースト

朝食は少しリッチに旬のきのこをたっぷりと使ったトーストはいかがでしょう?
焼いたサクサクのトーストの上に
チーズ・バターとめんつゆで味付けをした風味豊かで歯ごたえも楽しめる
きのこを乗せて一緒に食べることで様々な食感を楽しむことができますよ!
きのこは食物繊維がたっぷり入っているため、腸の健康にも大活躍!

きのこバタートースト
所要時間15

材料(2人分)

  • めんつゆ
    大さじ2
  • 食パン
    2枚
  • しめじ
    1袋
  • まいたけ
    1/2袋
  • ロースハム
    2枚
  • バター
    20g
  • オリーブオイル
    小さじ1
  • パセリ
    適量
  • 粉チーズ
    適量

手順

  • 1

    しめじは根元を切り小房に分ける。まいたけはほぐしてハムは5mm幅に切り、パセリはみじん切りにする。

    しめじは根元を切り小房に分ける。まいたけはほぐしてハムは5mm幅に切り、パセリはみじん切りにする。
  • 2

    ボウルに「めんつゆ」、オリーブオイルを入れ、混ぜ合わせる。1を加えて混ぜ合わせたらラップをかけ、電子レンジ(600W)で3分加熱する。

  • 3

    食パンにバターをしき、トースターで表面に焼き色がつくまで加熱し、汁気を切った2をのせる。粉チーズ、パセリをふり、お好みでバター(分量外)をのせる。

    食パンにバターをしき、トースターで表面に焼き色がつくまで加熱し、汁気を切った2をのせる。粉チーズ、パセリをふり、お好みでバター(分量外)をのせる。

使用している商品

めんつゆ

めんつゆ

かつお節からこだわり、特長の違うかつお節をブレンドし使用しています。削りたてのかつお節から取った一番だしに独自の「熟成かえし」を合わせ、より高いだし感とまろやかな味わいに仕上げた2倍濃縮のつゆです。

えのきとレタスの豚だししゃぶ

夕方になると少し肌寒くなる季節になってきましたね。
家族みんなで温かい鍋を囲み、家族団らんで楽しい時間を過ごしてみてはいかがですか?

そこで!今回はこちらのボリューミーな見た目が食欲をさそう贅沢な一品を紹介します♪
白だしのうま味に加え、鍋料理に大人気、定番のえのきと豚肉!
うま味たっぷりのスープを最後までおいしくいただけるレシピです♪
〆にお米を加えて雑炊で食べるのもオススメ◎

えのきとレタスの豚だししゃぶ
所要時間25

材料(2人分)

  • 割烹白だし
    100ml
  • 豚しゃぶしゃぶ用肉
    150g
  • レタス
    8枚前後
  • えのきだけ
    1/2袋
  • しめじ
    1/2袋
  • 春雨
    40g
  • 片栗粉
    小さじ1
  • 【A】水
    600ml
  • 【A】しょうが(千切り)
    20g
  • 【A】こしょう
    少々

手順

  • 1

    豚肉に片栗粉をまぶす。レタスは大きめのざく切りにし、しめじは根元を切り小房に分ける。えのきは根元を切り粗くほぐす。春雨は製品の規定通り茹でて食べやすい長さに切る。

    豚肉に片栗粉をまぶす。レタスは大きめのざく切りにし、しめじは根元を切り小房に分ける。えのきは根元を切り粗くほぐす。春雨は製品の規定通り茹でて食べやすい長さに切る。
  • 2

    鍋に「割烹白だし」、【A】を入れ、ひと煮立ちさせる。

  • 3

    春雨、きのこ類を加え弱火〜中火で2分ほど煮る。豚肉、レタスを加え、火が通ったら斜め切りにした青ねぎを添え、粗びき黒こしょう(ともに分量外:各適量)を添える。

    春雨、きのこ類を加え弱火〜中火で2分ほど煮る。豚肉、レタスを加え、火が通ったら斜め切りにした青ねぎを添え、粗びき黒こしょう(ともに分量外:各適量)を添える。

使用している商品

割烹白だし

割烹白だし

鰹一番だしの上品な香りとうま味をきかせた、うす色仕立ての和風液体調味料です。薄めてお料理に使うだけで、食材の持ち味と色を引き立てて、本格割烹の味わいを簡単・手軽に味わえます。

2つのレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか?
おうちでも作りやすいレシピなので、ぜひ皆さんも献立の参考にしてみてくださいね♪
旬の食材や不足しがちな栄養をうまく取り入れて、おいしく健康的な食生活を送りましょう◎

料理家さん情報

高橋善郎
高橋善郎
1988年7月14日 神奈川県川崎市出身。

和食料理人の父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。
専修大学法学部卒業後、大手食品メーカー、IT会社に勤務しながら、本格的に料理の勉強を始め、調理師免許、きき酒師、ソムリエ、ジュニア野菜ソムリエなど食に関する資格を取得。
日本酒ソムリエの上位資格である、日本酒学講師においては史上最年少で合格。

シェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE