会員登録でお得な情報♪

【高橋善郎さん考案】レモンの酸味が食欲をそそる!野菜とお肉の炒め物レシピをご紹介♪

【高橋善郎さん考案】レモンの酸味が食欲をそそる!野菜とお肉の炒め物レシピをご紹介♪
【高橋善郎さん考案】レモンの酸味が食欲をそそる!野菜とお肉の炒め物レシピをご紹介♪
2020.07.16

今月も、料理家・高橋善郎さん考案の最新レシピをご紹介!
時短レシピからごちそうレシピまで、和食をはじめ幅広いジャンルを得意とする高橋さんが生み出したレシピを幅広くご紹介します♪

豚バラとズッキーニの香草バター炒め

豚バラ肉、夏野菜をメインに使用したボリューム満点の一品♪
割烹白だしで素材の味をまとめつつ、
アクセントとなるバターの香りとレモンの程よい酸味が
疲れた身体を元気にしてくれます!

豚バラとズッキーニの香草バター炒め
所要時間20

材料(2人分)

  • 割烹白だし
    大さじ3
  • 豚バラ肉
    200g
  • ズッキーニ
    1本
  • パプリカ(赤)
    1個
  • しめじ
    1/2袋(60g)
  • バター
    10g
  • 【A】レモン(汁をしぼる)
    1/4個分
  • 【A】白ワイン
    大さじ1
  • 【A】にんにく
    小さじ1/2
  • 【A】パセリ(みじん切り)
    8g
  • 【A】粗びき黒こしょう
    少々

手順

  • 1

    豚肉は1cm弱の厚さに切る。ズッキーニは1cm弱の厚さに切り、へたとわたを切り落としたパプリカは乱切りにし、しめじは石づきを切り落とす。

    豚肉は1cm弱の厚さに切る。ズッキーニは1cm弱の厚さに切り、へたとわたを切り落としたパプリカは乱切りにし、しめじは石づきを切り落とす。
  • 2

    ボウルに「割烹白だし」、【A】を入れ、混ぜ合わせる。

    ボウルに「割烹白だし」、【A】を入れ、混ぜ合わせる。
  • 3

    温めたフライパンに油(分量外:少々)をひき、豚肉を入れ、弱火〜中火で脂が適度に出るまで両面加熱する。キッチンペーパーで余分な脂を軽くふきとる。

    温めたフライパンに油(分量外:少々)をひき、豚肉を入れ、弱火〜中火で脂が適度に出るまで両面加熱する。キッチンペーパーで余分な脂を軽くふきとる。
  • 4

    バター、ズッキーニ、パプリカ、しめじを入れ、中火〜強火で全体に焼き色がしっかりつくまで炒める。2を加え、手早く混ぜ合わせたら器に盛り付ける。

    バター、ズッキーニ、パプリカ、しめじを入れ、中火〜強火で全体に焼き色がしっかりつくまで炒める。2を加え、手早く混ぜ合わせたら器に盛り付ける。

使用している商品

割烹白だし

割烹白だし

鰹一番だしの上品な香りとうま味をきかせた、うす色仕立ての和風液体調味料です。薄めてお料理に使うだけで、食材の持ち味と色を引き立てて、本格割烹の味わいを簡単・手軽に味わえます。

漬け込むだけ!鶏もも肉のねぎ塩レモン焼き

ご飯が進むこと間違いなし!ねぎとごま油、さっぱりレモンの香りがたまらない一品!
調理方法は、にんにくやしょうがなどの食材とめんつゆを併せて、
鶏肉をつけるだけなので、手間をかけずにスタミナ満点の料理ができちゃいます♪

漬け込むだけ!鶏もも肉のねぎ塩レモン焼き
所要時間10

材料(2人分)

  • めんつゆ
    80ml
  • 鶏もも肉
    小2枚(300g)
  • 玉ねぎ
    1/2個
  • レモン
    1/4個
  • バター
    10g
  • 小ねぎ
    適量
  • 【A】輪切り唐がらし
    1本分
  • 【A】にんにくのすりおろし
    小さじ1
  • 【A】しょうがのすりおろし
    小さじ1
  • 【A】ごま油
    小さじ1
  • 【A】粗びき黒こしょう
    少々

手順

  • 1

    鶏肉は皮付きのままぶつ切りにする。玉ねぎは6等分のくし切りにする。

    鶏肉は皮付きのままぶつ切りにする。玉ねぎは6等分のくし切りにする。
  • 2

    ジッパー付きの保存袋に「めんつゆ」、下準備した食材、【A】を入れる。空気を抜くようにチャックを閉めてもみ込み、冷蔵庫で1時間以上置く。

    ジッパー付きの保存袋に「めんつゆ」、下準備した食材、【A】を入れる。空気を抜くようにチャックを閉めてもみ込み、冷蔵庫で1時間以上置く。
  • 3

    温めたフライパンにバターをひき、2を入れ、中火前後で全体に焼き色がつき鶏肉に火が通るまでまで炒める。器に盛り付け、くし切りにしたレモンを絞り、斜め切りにした小ねぎをちらし、ラー油(分量外:適量)をかける。

    温めたフライパンにバターをひき、2を入れ、中火前後で全体に焼き色がつき鶏肉に火が通るまでまで炒める。器に盛り付け、くし切りにしたレモンを絞り、斜め切りにした小ねぎをちらし、ラー油(分量外:適量)をかける。

使用している商品

めんつゆ

めんつゆ

かつお節からこだわり、特長の違うかつお節をブレンドし使用しています。削りたてのかつお節から取った一番だしに独自の「熟成かえし」を合わせ、より高いだし感とまろやかな味わいに仕上げた2倍濃縮のつゆです。

2つのレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか?
おうちでも作りやすいレシピなので、ぜひ皆さんも献立の参考にしてみてくださいね♪
旬の食材や不足しがちな栄養をうまく取り入れて、おいしく健康的な食生活を送りましょう◎

料理家さん情報

高橋善郎
高橋善郎
1988年7月14日 神奈川県川崎市出身。

和食料理人の父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。
専修大学法学部卒業後、大手食品メーカー、IT会社に勤務しながら、本格的に料理の勉強を始め、調理師免許、きき酒師、ソムリエ、ジュニア野菜ソムリエなど食に関する資格を取得。
日本酒ソムリエの上位資格である、日本酒学講師においては史上最年少で合格。

シェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE