会員登録でお得な情報♪

【高橋善郎さん考案】寒くなったこの時期に!みんなで食べたいあったかレシピをご紹介♪

【高橋善郎さん考案】寒くなったこの時期に!みんなで食べたいあったかレシピをご紹介♪
【高橋善郎さん考案】寒くなったこの時期に!みんなで食べたいあったかレシピをご紹介♪
2020.01.17

今月も、料理家・高橋善郎さん考案の最新レシピをヤマキ社員がご紹介!
時短レシピからごちそうレシピまで、和食をはじめ幅広いジャンルを得意とする高橋さんが生み出したレシピを幅広くご紹介します♪

ハレの日に!小豆粥(あずきがゆ)

小豆をたっぷり使った小豆粥は、小豆のホッとする甘さや、白だしの優しい香りが楽しめる贅沢な一品!
お餅も入っているので、ボリュームが欲しい時もしっかり満足できます◎
鏡開き後のお餅の使い方にお悩みの方は、ぜひ試してみてください♪

ハレの日に!小豆粥(あずきがゆ)
所要時間30

材料(2人分)

  • 割烹白だし
    大さじ3
  • 1合分
  • 茹で小豆
    1缶 165g
  • 1000ml 5カップ
  • 1個

手順

  • 1

    米は研ぎ、20分ほど浸水させ、ザルにあける。餅は1cm幅の角切りにする。

    米は研ぎ、20分ほど浸水させ、ザルにあける。餅は1cm幅の角切りにする。
  • 2

    フライパンに割烹白だし、水、米を入れ、ひと煮立ちさせる。時々混ぜ合わせながら弱火で10分ほど煮る。(煮上がる少し前に餅をオーブントースターで加熱する。)

    フライパンに割烹白だし、水、米を入れ、ひと煮立ちさせる。時々混ぜ合わせながら弱火で10分ほど煮る。(煮上がる少し前に餅をオーブントースターで加熱する。)
  • 3

    2に茹で小豆、餅を加え、さっくり混ぜ合わせ、器に盛り付ける。

    2に茹で小豆、餅を加え、さっくり混ぜ合わせ、器に盛り付ける。

使用している商品

割烹白だし

割烹白だし

鰹一番だしの上品な香りとうま味をきかせた、うす色仕立ての和風液体調味料です。薄めてお料理に使うだけで、食材の持ち味と色を引き立てて、本格割烹の味わいを簡単・手軽に味わえます。

〜山形風〜簡単いも煮鍋

あつあつのいも煮鍋は、一番寒いこの季節にぴったり!
めんつゆにおだしを加えることで、スープだけでも飽きのこない味わいに(*^^*)
里芋だけでなく牛肉やまいたけなど、お鍋によく合う食材とおだしの味がしっかり味わえるスープは相性が抜群です◎

〜山形風〜簡単いも煮鍋
所要時間40

材料(2人分)

  • めんつゆ(2倍濃縮)
    200ml
  • 徳一番花かつお
    8g
  • 牛切り落とし肉
    200g
  • 里芋
    小12個
  • まいたけ
    1袋 120g
  • こんにゃく
    300g
  • 長ねぎ
    1本
  • ごぼう
    1/2本 80g
  • 小ねぎ
    約10本
  • 500ml

手順

  • 1

    〜里芋とこんにゃくの下茹で〜 里芋は土を洗い流し、皮を厚めにむく。こんにゃくは手で一口大にちぎる。鍋に里芋、こんにゃく、ひたひたになるくらいの水(分量外:適量)を入れる。ひと煮立ちさせたら弱火で5分ほど煮て、冷水にとる。

    〜里芋とこんにゃくの下茹で〜 里芋は土を洗い流し、皮を厚めにむく。こんにゃくは手で一口大にちぎる。鍋に里芋、こんにゃく、ひたひたになるくらいの水(分量外:適量)を入れる。ひと煮立ちさせたら弱火で5分ほど煮て、冷水にとる。
  • 2

    〜野菜の下ごしらえ〜 まいたけはほぐす。長ねぎは4cm幅の筒切りにし、浅く切り込みを入れる。土を洗い流したごぼうはピーラーでむき、10分ほど水に浸す。小ねぎは斜め切りにする。

  • 3

    鍋にめんつゆ(2倍濃縮)、水を入れ、ひと煮立ちさせる。

    鍋にめんつゆ(2倍濃縮)、水を入れ、ひと煮立ちさせる。
  • 4

    一度火を止め、徳一番花かつおを入れ、キッチンペーパーをしいたザルなどでこして、鍋に戻し入れる。

    一度火を止め、徳一番花かつおを入れ、キッチンペーパーをしいたザルなどでこして、鍋に戻し入れる。
  • 5

    4に里芋、こんにゃく、牛切り落とし肉を入れ、ひと煮立ちさせ、アクを取り除きながら弱火で5分ほど煮る。まいたけ、長ねぎ、中央にごぼうを加え、5分ほど煮たら小ねぎをのせる。

    4に里芋、こんにゃく、牛切り落とし肉を入れ、ひと煮立ちさせ、アクを取り除きながら弱火で5分ほど煮る。まいたけ、長ねぎ、中央にごぼうを加え、5分ほど煮たら小ねぎをのせる。

使用している商品

めんつゆ

めんつゆ

かつお節からこだわり、特長の違うかつお節をブレンドし使用しています。削りたてのかつお節から取った一番だしに独自の「熟成かえし」を合わせ、より高いだし感とまろやかな味わいに仕上げた2倍濃縮のつゆです。

2つのレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか?
おうちでも作りやすいレシピなので、ぜひ皆さんも献立の参考にしてみてくださいね♪
旬の食材や不足しがちな栄養をうまく取り入れて、おいしく健康的な食生活を送りましょう◎

料理家さん情報

高橋善郎
高橋善郎
1988年7月14日 神奈川県川崎市出身。

和食料理人の父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。
専修大学法学部卒業後、大手食品メーカー、IT会社に勤務しながら、本格的に料理の勉強を始め、調理師免許、きき酒師、ソムリエ、ジュニア野菜ソムリエなど食に関する資格を取得。
日本酒ソムリエの上位資格である、日本酒学講師においては史上最年少で合格。

シェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE