会員登録でお得な情報♪

【高橋善郎さん考案】ボリューミーな滋養たっぷりレシピをご紹介♪

【高橋善郎さん考案】ボリューミーな滋養たっぷりレシピをご紹介♪
【高橋善郎さん考案】ボリューミーな滋養たっぷりレシピをご紹介♪
2019.07.12

今月も、料理家・高橋善郎さん考案の最新レシピをヤマキ社員がご紹介!
時短レシピからごちそうレシピまで、和食をはじめ幅広いジャンルを得意とする高橋さんが生み出したレシピを幅広くご紹介します♪

アボカドとサーモンのマカロニサラダ

アボカドとサーモンは相性バツグンですよね♪
白だしやバジルを一緒に和えることで、濃厚なアボカドともバランスが取れてすっきりした仕上がりに!
ちょっぴり大人向けの味なので、お酒のおつまみにも合いそうです◎

アボカドとサーモンのマカロニサラダ
所要時間25

材料(2人分)

  • 割烹白だし
    大さじ2
  • マカロニ
    80g
  • サーモン(柵)
    100g
  • アボカド
    1個
  • コーン缶(ホール)
    50g
  • 【A】マヨネーズ
    大さじ3
  • 【A】バジル(みじん切り)
    約5g
  • 【A】にんにく(すりおろし)
    小さじ1/4
  • 【A】粗挽き黒こしょう
    適量

手順

  • 1

    〜サーモンの下ごしらえ〜 サーモンは柵のまま熱湯をかけて、冷水にとる。粗熱が取れたらキッチンペーパーで水分をふきとり、1〜2cm幅の角切りにする。

    〜サーモンの下ごしらえ〜 サーモンは柵のまま熱湯をかけて、冷水にとる。粗熱が取れたらキッチンペーパーで水分をふきとり、1〜2cm幅の角切りにする。
  • 2

    マカロニは製品の規定通り塩茹でする。アボカドは種と皮を取り除き、1〜2cm幅の角切りにする。コーン缶(ホール)は水気しっかり切る。

    マカロニは製品の規定通り塩茹でする。アボカドは種と皮を取り除き、1〜2cm幅の角切りにする。コーン缶(ホール)は水気しっかり切る。
  • 3

    ボウルに割烹白だし、【A】を入れ、混ぜ合わせる。

    ボウルに割烹白だし、【A】を入れ、混ぜ合わせる。
  • 4

    3に2、サーモン(柵)を加えて、混ぜ合わせたら器に盛り付ける。

    3に2、サーモン(柵)を加えて、混ぜ合わせたら器に盛り付ける。

使用している商品

割烹白だし

割烹白だし

鰹一番だしの上品な香りとうま味をきかせた、うす色仕立ての和風液体調味料です。薄めてお料理に使うだけで、食材の持ち味と色を引き立てて、本格割烹の味わいを簡単・手軽に味わえます。

とうもろこしと鰻の炊き込みごはん

7月といえば、土用の丑の日!今年は27日(土)ですね。
旬を迎えるとうもろこしと鰻で作った炊き込みごはんは、丑の日のメニューにもぴったり♪
こんがり香ばしい炊き込みご飯を食べて、真夏に向けてパワーチャージするのもいいですね(#^^#)

とうもろこしと鰻の炊き込みごはん
所要時間50

材料(2人分)

  • めんつゆ(2倍濃縮)
    100ml
  • 2合分
  • 鰻(うなぎ)
    100g
  • とうもろこし
    1本
  • 大葉
    10枚
  • 白ごま
    適量
  • 【A】水
    260ml
  • 【A】ごま油
    大さじ1
  • 【A】しょうが(みじん切り)
    20g分
  • 【A】砂糖
    小さじ1

手順

  • 1

    研いだ米は20〜30分浸水させ水気を切る。

  • 2

    鰻(うなぎ)は縦半分に切り、さらに1cm幅に切る。とうもろこしは包丁で実をそぎ、残った芯は約3cm幅の輪切りにする。軸を切り落とした大葉は粗みじん切りにする。

    鰻(うなぎ)は縦半分に切り、さらに1cm幅に切る。とうもろこしは包丁で実をそぎ、残った芯は約3cm幅の輪切りにする。軸を切り落とした大葉は粗みじん切りにする。
  • 3

    炊飯器にめんつゆ(2倍濃縮)、【A】を入れ、混ぜ合わせたらとうもろこしの芯を並べて炊く。

    炊飯器にめんつゆ(2倍濃縮)、【A】を入れ、混ぜ合わせたらとうもろこしの芯を並べて炊く。
  • 4

    炊いている間にフライパンにごま油をひき、とうもろこしの実を入れ、中火〜強火で全体に焼き色がつくまで炒める。めんつゆ(分量外:小さじ2)を入れ、手早く炒めたら火を止める(とうもろこしははねやすいので蓋をうまく使いながら)。

    炊いている間にフライパンにごま油をひき、とうもろこしの実を入れ、中火〜強火で全体に焼き色がつくまで炒める。めんつゆ(分量外:小さじ2)を入れ、手早く炒めたら火を止める(とうもろこしははねやすいので蓋をうまく使いながら)。
  • 5

    炊きあがる少し前にオーブンシートの上にうなぎをのせ、オーブントースターで表面に焦げ目がつくまで4〜6分焼く。

    炊きあがる少し前にオーブンシートの上にうなぎをのせ、オーブントースターで表面に焦げ目がつくまで4〜6分焼く。
  • 6

    炊けたらとうもろこしの芯を取り除き、混ぜる前にうなぎを入れて5分ほど蒸す。とうもろこしの実、大葉を加え、混ぜ合わせたら器に盛り付け、白ごまをふる。

    炊けたらとうもろこしの芯を取り除き、混ぜる前にうなぎを入れて5分ほど蒸す。とうもろこしの実、大葉を加え、混ぜ合わせたら器に盛り付け、白ごまをふる。

使用している商品

めんつゆ

めんつゆ

かつお節からこだわり、特長の違うかつお節をブレンドし使用しています。削りたてのかつお節から取った一番だしに独自の「熟成かえし」を合わせ、より高いだし感とまろやかな味わいに仕上げた2倍濃縮のつゆです。

2つのレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか?
おうちでも作りやすいレシピなので、ぜひ皆さんも献立の参考にしてみてくださいね♪
旬の食材や不足しがちな栄養をうまく取り入れて、おいしく健康的な食生活を送りましょう◎

料理家さん情報

高橋善郎
高橋善郎
1988年7月14日 神奈川県川崎市出身。

和食料理人の父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。
専修大学法学部卒業後、大手食品メーカー、IT会社に勤務しながら、本格的に料理の勉強を始め、調理師免許、きき酒師、ソムリエ、ジュニア野菜ソムリエなど食に関する資格を取得。
日本酒ソムリエの上位資格である、日本酒学講師においては史上最年少で合格。

シェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE