会員登録でお得な情報♪

【高橋善郎さん考案】2019年6月のおすすめレシピをご紹介♪

【高橋善郎さん考案】2019年6月のおすすめレシピをご紹介♪
【高橋善郎さん考案】2019年6月のおすすめレシピをご紹介♪
2019.06.14

今月も、料理家・高橋善郎さん考案の最新レシピをヤマキ社員がご紹介!
時短レシピからごちそうレシピまで、和食をはじめ幅広いジャンルを得意とする高橋さんが生み出したレシピを幅広くご紹介します♪

作りおきしてさらにおいしい!鶏むね肉の南蛮漬け

夏に人気の南蛮漬けも、めんつゆとお酢があれば失敗知らず!
じゅわっと味が染みた鶏肉を食べれば、お口の中にお酢の爽やかな味とだしの香りが広がります♪
作りたてももちろんおいしいですが、少し置いて味が馴染むとさらに◎

作りおきしてさらにおいしい!鶏むね肉の南蛮漬け
所要時間20

材料(2人分)

  • めんつゆ(2倍濃縮)
    100ml
  • 鶏むね肉
    大1枚(300g)
  • もやし
    1袋(200g)
  • いんげん
    60g
  • しめじ
    1/2袋(60g)
  • にんじん
    小1/2本(60g)
  • 【A】酢
    100ml
  • 【A】水
    大さじ2
  • 【A】しょうが(すりおろし)
    小さじ1/2
  • 【A】とうがらし
    1本

手順

  • 1

    鶏むね肉は皮をはぎ、1cm幅のそぎ切りにし、片栗粉をまぶして余分な粉をはたき落とす。いんげんは軸を切り落とし、斜め切りにする。しめじは石づきを切り落とし、ほぐす。皮をむいたにんじんは千切りにする。もやしは水洗いし、水気をしっかり切る(気になる方はひげ根をとる)。

    鶏むね肉は皮をはぎ、1cm幅のそぎ切りにし、片栗粉をまぶして余分な粉をはたき落とす。いんげんは軸を切り落とし、斜め切りにする。しめじは石づきを切り落とし、ほぐす。皮をむいたにんじんは千切りにする。もやしは水洗いし、水気をしっかり切る(気になる方はひげ根をとる)。
  • 2

    ボウルにめんつゆ(2倍濃縮)、【A】を入れ、混ぜ合わせる。

    ボウルにめんつゆ(2倍濃縮)、【A】を入れ、混ぜ合わせる。
  • 3

    大きめの鍋にたっぷりの湯を入れ沸騰させる。鶏むね肉を入れ、弱火で2分ほど茹でる。下準備した野菜をすべて入れ、1分ほど茹でたらザルにあける。

    大きめの鍋にたっぷりの湯を入れ沸騰させる。鶏むね肉を入れ、弱火で2分ほど茹でる。下準備した野菜をすべて入れ、1分ほど茹でたらザルにあける。
  • 4

    2に3を入れ、全体をなじませる。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷たくなるまで置く(そのまま食べる場合は器に盛り付ける)。

    2に3を入れ、全体をなじませる。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷たくなるまで置く(そのまま食べる場合は器に盛り付ける)。

使用している商品

めんつゆ

めんつゆ

かつお節からこだわり、特長の違うかつお節をブレンドし使用しています。削りたてのかつお節から取った一番だしに独自の「熟成かえし」を合わせ、より高いだし感とまろやかな味わいに仕上げた2倍濃縮のつゆです。

10分で作れる「おかかと桜えびのチーズ豆腐」

滑らかで優しい味のお豆腐に、うま味たっぷりのかつお節や、香ばしい桜えびが絶妙にマッチ!
クリームチーズのトッピングが濃厚なコクも足してくれるので、飽きずに食べられちゃいます。
たった10分で作れるので、物足りないときの追加の一品にもオススメです(#^^#)

10分で作れる「おかかと桜えびのチーズ豆腐」
所要時間10

材料(2人分)

  • めんつゆ(2倍濃縮)
    大さじ3
  • 氷温熟成使い切りパック1.5g×15p
    3g
  • 絹豆腐
    300g
  • クリームチーズ
    30g
  • 青のり
    少々
  • 【A】桜えび
    5g
  • 【A】ごま油
    小さじ2

手順

  • 1

    絹豆腐は水気をしっかり切り、スプーンなどですくって器に盛り付ける。クリームチーズは1cm幅の角切りにする。

    絹豆腐は水気をしっかり切り、スプーンなどですくって器に盛り付ける。クリームチーズは1cm幅の角切りにする。
  • 2

    ボウルにめんつゆ(2倍濃縮)、氷温熟成使い切りパック1.5g×15p、クリームチーズ、【A】を入れ、和える。

    ボウルにめんつゆ(2倍濃縮)、氷温熟成使い切りパック1.5g×15p、クリームチーズ、【A】を入れ、和える。
  • 3

    器に2を盛り付け、青のりをちらす。

    器に2を盛り付け、青のりをちらす。

使用している商品

氷温熟成使い切りパック1.5g×15p

氷温熟成使い切りパック1.5g×15p

氷温熟成法とは0℃以下の鰹が凍る直前までの温度帯(氷温帯)で、鰹の鮮度を保ちながらよりおいしいかつお節に仕上げる製法です。かつお節のおいしさの目安、「イノシン酸」が当社かつお削りぶし商品の中で一番多く含まれています。

2つのレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか?
おうちでも作りやすいレシピなので、ぜひ皆さんも献立の参考にしてみてくださいね♪
旬の食材や不足しがちな栄養をうまく取り入れて、おいしく健康的な食生活を送りましょう◎

料理家さん情報

高橋善郎
高橋善郎
1988年7月14日 神奈川県川崎市出身。

和食料理人の父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。
専修大学法学部卒業後、大手食品メーカー、IT会社に勤務しながら、本格的に料理の勉強を始め、調理師免許、きき酒師、ソムリエ、ジュニア野菜ソムリエなど食に関する資格を取得。
日本酒ソムリエの上位資格である、日本酒学講師においては史上最年少で合格。

シェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE