会員登録でお得な情報♪

【高橋善郎さん考案】2019年4月のおすすめレシピをご紹介♪

【高橋善郎さん考案】2019年4月のおすすめレシピをご紹介♪
【高橋善郎さん考案】2019年4月のおすすめレシピをご紹介♪
2019.04.26

今月も、料理家・高橋善郎さん考案の最新レシピをヤマキ社員がご紹介!
時短レシピからごちそうレシピまで、和食をはじめ幅広いジャンルを得意とする高橋さんが生み出したレシピを幅広くご紹介します♪

サラダチキンで作る速攻「鶏ねぎ丼」

サラダチキンで作る速攻「鶏ねぎ丼」
所要時間10

材料(1人分)

  • 氷温熟成使い切りパック
    2パック(3g)
  • 温かいごはん
    茶碗1杯分
  • サラダチキン
    1枚(100〜120g)
  • 小ねぎ
    10g
  • 卵黄
    1個分
  • 刻みのり
    適量
  • 白ごま
    適量
  • 【A】ポン酢
    大さじ2
  • 【A】マヨネーズ
    大さじ1
  • 【A】ごま油
    小さじ1
  • 【A】にんにく(すりおろし)
    小さじ1/4

手順

  • 1

    サラダチキンに熱湯をかけ1分ほど置き、水で洗い流してキッチンペーパーで水分をふく。手で食べやすい大きさにちぎる。小ねぎは小口切りにし、水に5分ほど浸して水気を切る。

    サラダチキンに熱湯をかけ1分ほど置き、水で洗い流してキッチンペーパーで水分をふく。手で食べやすい大きさにちぎる。小ねぎは小口切りにし、水に5分ほど浸して水気を切る。
  • 2

    ボウルにかつおぶし、【A】を入れ、混ぜ合わせる。サラダチキンを加えて和える。

    ボウルにかつおぶし、【A】を入れ、混ぜ合わせる。サラダチキンを加えて和える。
  • 3

    ごはんを器に盛り付け、刻みのりをしく。周りに2を盛り付け、中央に小ねぎ、卵黄をのせ、白ごまをちらす。

  • 4

    2を加え、フライパンをときどきゆすりながらとろみがつくまで煮絡める。レタス、ミニトマト(共に分量外:適量)と一緒に器に盛り付ける。

使用している商品

氷温熟成使い切りパック1.5g×15p

氷温熟成使い切りパック1.5g×15p

氷温熟成法とは0℃以下の鰹が凍る直前までの温度帯(氷温帯)で、鰹の鮮度を保ちながらよりおいしいかつお節に仕上げる製法です。かつお節のおいしさの目安、「イノシン酸」が当社かつお削りぶし商品の中で一番多く含まれています。

フライパンで作る!ツナと菜の花のたまご焼き

フライパンで作る!ツナと菜の花のたまご焼き
所要時間30

材料(2人分)

  • 割烹白だし
    大さじ2と1/2
  • ツナ缶(ノンオイル)
    1缶(70g)
  • 菜の花
    100g
  • 赤パプリカ
    1/2個
  • バター
    20g
  • 【A】ツナ缶(オイル/汁ごと)
    1缶(70g)
  • 【A】卵
    5個
  • 【A】粉チーズ
    大さじ1
  • 【A】粗挽き黒こしょう
    小さじ1/4

手順

  • 1

    菜の花は汚れていれば軸を少し切り、1cm幅に切る。へたとわたを取った赤パプリカは1cm幅の角切りにする。

    菜の花は汚れていれば軸を少し切り、1cm幅に切る。へたとわたを取った赤パプリカは1cm幅の角切りにする。
  • 2

    ボウルに割烹白だし、【A】を入れ、混ぜ合わせる。

    ボウルに割烹白だし、【A】を入れ、混ぜ合わせる。
  • 3

    温めたフライパンにバターを入れ溶かす。菜の花、パプリカを加え、中火前後で2分ほど炒める。2を加えて、大きく数回混ぜ合わせる。フタをして、極弱火で15〜20分ほど卵が固まるまで火を通す。食べやすい大きさに切り分け、器に盛り付ける。

    温めたフライパンにバターを入れ溶かす。菜の花、パプリカを加え、中火前後で2分ほど炒める。2を加えて、大きく数回混ぜ合わせる。フタをして、極弱火で15〜20分ほど卵が固まるまで火を通す。食べやすい大きさに切り分け、器に盛り付ける。

使用している商品

割烹白だし

割烹白だし

鰹一番だしの上品な香りとうま味をきかせた、うす色仕立ての和風液体調味料です。薄めてお料理に使うだけで、食材の持ち味と色を引き立てて、本格割烹の味わいを簡単・手軽に味わえます。

2つのレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか?
おうちでも作りやすいレシピなので、ぜひ皆さんも献立の参考にしてみてくださいね♪
旬の食材や不足しがちな栄養をうまく取り入れて、おいしく健康的な食生活を送りましょう◎

料理家さん情報

高橋善郎
高橋善郎
1988年7月14日 神奈川県川崎市出身。

和食料理人の父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。
専修大学法学部卒業後、大手食品メーカー、IT会社に勤務しながら、本格的に料理の勉強を始め、調理師免許、きき酒師、ソムリエ、ジュニア野菜ソムリエなど食に関する資格を取得。
日本酒ソムリエの上位資格である、日本酒学講師においては史上最年少で合格。

シェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE