料理家さんおすすめレシピ

料理家さんおすすめレシピ

作りおきOK!菜の花と桜えびのパスタサラダ

2017-03-30

高橋善郎

高橋善郎

 
1988年7月14日 神奈川県川崎市出身。

和食料理人の父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。
専修大学法学部卒業後、大手食品メーカー、IT会社に勤務しながら、本格的に料理の勉強を始め、調理師免許、きき酒師、ソムリエ、ジュニア野菜ソムリエなど食に関する資格を取得。
日本酒ソムリエの上位資格である、日本酒学講師においては史上最年少で合格。

-----続きを見る-----


祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業後、独立。
素材の持ち味を活かした和食をベースに、エスニックからイタリアン、オーガニックと幅広いジャンルを得意としている。

日本一魚がおろせる料理教室/和食専門料理教室
「Family」主宰。
和食の基本である、だしの取り方、だしを使い素材の味を活かした料理作成、魚のさばき方等を中心にレクチャーしている。
(2人分)

ヤマキ 花ふわり
3g
ショートパスタ(ファルファーレ)
140g
菜の花
100g
桜えび(乾燥)
10g
ミニトマト(黄・赤)
各4個
しょうゆ
小さじ1
塩、粗挽き黒こしょう
適量
A オリーブオイル
大さじ3
A にんにく(芽を取り輪切り)
2片分


  • 1
    ・菜の花は軸の固い部分を1〜2cmほど切り落とし、3〜4cm幅にカットする。 ・ミニトマトは軸を取り、横半分にカットする。
    手順1
  • 2
    パスタを茹でる。 沸騰した湯に塩(分量外:適量)を入れ、パスタを製品の規定時間より約1分早く茹でる。(塩の目安は湯◯リットルに対して塩1%)
    手順2
  • 3
    茹でている間にガーリックオイルを作る。 温めたフライパンにAを入れ、香りが出るまで弱火で加熱したら、パスタが茹であがるまで火を止める。
    手順3
  • 4
    パスタを湯切りするタイミングで、フライパンを温める。 菜の花、桜えびを加えて、強火で1分ほど炒める。しっかり湯切りしたパスタを加えて、強火のまま手早く混ぜ合わせたら、火を止め、塩こしょうで味を整える。
    手順4
  • 5
    器に盛り付け、トマト、花ふわりをのせる。 (保存する場合は、あら熱をしっかり取ってから冷蔵庫で適宜保存してください。)
    手順5

料理のポイント
  • ポイント1

    生の桜えびが出回る時期なので、スーパーであれば生さくら海老を使用するのもオススメ!

  • ポイント2

    ファルファーレはリボン型のパスタですが、ご自宅にあるショートパスタを御使いください。

料理家さんおすすめレシピ